『歌のお姉さんだってHしたい』無料ネタバレ! 5話−3|私じゃ奥さんの代わりにはなれないから…

 

前のネタバレはコチラ

 

 

 

告白を白紙にしてほしい・・・

家で遊園地でのハンカチを返した翔二

「あと良かったらこれも…」

翔二は前に三奈美が好きだって行っていたお菓子を用意していました

「覚えててくれたんですね」

 

「それじゃ私はこれでーー」

帰ろうとする三奈美を翔二は呼び止め

「前の告白 一度白紙に戻してもらえませんか…?」

三奈美は震えながら、お互いの立場もあるし

「それに私じゃ力不足ですよね…」

すると突然、三奈美は翔二にキスをし舌を絡ませます

「三奈美…さん! 待って!」

三奈美を引き離すと、三奈美の目からは涙が・・・

「あれ? はは…どうしてですかね…」

三奈美を抱きしめる翔二

三奈美は翔二の胸で泣きじゃくっています

見ないでと言う三奈美に翔二は

「三奈美さんは 綺麗です」

そう言ってキスをし、首筋を舐めます

「いやぁ…」

「ひぁ あぁっ♡」

「南さんの全部 僕に見せてください」

翔二の右手は三奈美のアソコに…

「あんっ♡ だめぇ♡ ひあぁ♡ そこは…っ♡ あんっ♡ んんっ♡」

びくっんっ♡ びくっ♡と震える三奈美

 

今日くらいは私にさせて!

「翔二さん …ひとつついいですか…」

「えいっ」

三奈美は翔二を押し倒し、馬乗りになります

「今日くらいは… 私に… させてください」

三奈美は翔二のズボンからアソコを取り出し、ストッキンの上から自分のアソコに押し当てます

またもや素股状態に・・・

『裏のとこ当たって気持ちいい…♡』

翔二も南も気持ち良さそう♪

 

三奈美は上着を脱ぎブラジャー姿に

キスをする2人

翔二は三奈美の素股でイってしまいます

『すごい出てる…』

 

私じゃ奥さんの代わりには・・・

『…でも』

「翔二さん…」

三奈美は障子の耳元で囁きます

「今まで ありがとうございました」

翔二は立ち去ろとする三奈美の腕を掴み、引き止めますが

三奈美は涙ぐみながら

「私じゃ 奥さんの代わりになれないから…」

翔二は何も言えず、玄関のドアが閉まり、三奈美は去って行きました

 

 

『歌のお姉さんだってHしたい』についてはこちらにも詳しく書いたので、ぜひご覧ください♪

 

© 2021 『歌のお姉さんだってHしたい』無料ネタバレ!